reikaiinfo

>
一般社団法人日本医療・病院管理学会 第380回 例会
共催 第3回いしかわネット・ハートネットホスピタル研究会
【認定単位の取得】

・日本医師会生涯教育制度単位(2時間)
・日本医業経営コンサルタント協会継続研修認定
・日本薬剤師研修センター研修認定制度(2時間)
・社会医学系専門医制度K単位2単位

【日  時】 2019年11月27日(水)19:00〜21:00
【会  場】

石川県医師会(日赤共同ビル4階研修室)
石川県金沢市鞍月東2丁目48番地 


【交  通】 バス・電車 ご利用の方

金沢駅金沢港口バス停留所「6」番のりばから北鉄バス「中央病院」行きで約10分
「中央病院」下車 徒歩5分
※「県庁前」行き、「工業試験場」行きにも中央病院を経由する便があります。

金沢駅金沢港口バス停留所「6」番のりばから北鉄バス「県庁前」行きで約10分、県庁前から徒歩で約10分
北鉄電車「野町駅」から北鉄バス「県庁前」行きで45分(ほかに中央病院経由便もあります。)

能登方面(珠洲・輪島・富来など)からの特急バスは「県庁前(中央病院口)」に停車します。

タクシーご利用の方
金沢駅金沢港口タクシーのりばから約5分

駐車場はございますが、台数に制約がございます。


【アクセス】

http://www.ishikawa.med.or.jp/map.shtml


【参加費】

無料(事前登録要どなたでもご自由に参加できます)
【事前登録】電子メール knagase@staff.kanazawa-u.ac.jp に
必要事項(@氏名 A所属機関名 B職種 C電子メールアドレス D電話番号)を
記載の上、申し込みをお願いします。
メールの件名は「第380回例会参加申込」と明記してください。
事前登録締切 2019年11月20日(水)

会場の都合により、先着40名までといたします。


【テーマ】 地域医療連携のための情報システム活用の実際
  趣旨 石川県内では、石川県医師会を中心として県内病床カバー率で最大となる、
地域医療連携のための情報システム(いしかわネット)を石川県医師会が中心となり
運用している。
      この地域医療における情報利用の実践について年1回活動報告を行い、意見交換を
      行っているが、今回は医療病院管理学会例会と共催し、地域医療の実践に関する
      情報交換と意見交換の場としたい。

1  石川県内のICTネットワークの現状と課題(7分×3名)
@ いしかわ診療情報共有ネットワーク:石川県医師会理事 長尾 信先生
A ハートネットホスピタル:金沢市医師会理事 大野 秀棋先生
B たまひめネット:金沢大学附属病院医事課 山田 浩美先生

2 セキュリティ研修(15分)

3 事例報告とパネルディスカッション(20分×4名)
1)ID-Link非公開病院と診療所、在宅医療連携におけるHNHの活用への取り組み(仮題)
  金沢聖霊総合病院 古田 一史 先生
2)いしかわ診療情報共有ネットワークを利用した病院と薬局との診療情報共有に関する実験事業報告 
   石川県薬剤師会 白山ののいち支部 松田 泰美 先生
3)加賀脳卒中地域連携協議会の取り組み(仮題)
  加賀脳卒中地域連携協議会 会長 池田 清延 先生
4)ID-Linkを用いた加賀脳卒中地域連携クリニカルパス運用が業務時間短縮に及ぼす効果
  やわたメディカルセンターリハビリテーション科 池永 康規 先生
【注 意】 1 第3回いしかわネット・ハートネットホスピタル研究会としては、小松市民病院、公立能登総合病院、
公立穴水総合病院にサテライト会場(中継会場)を設けますが、医療病院管理学会の例会としては
出席者登録の都合上、石川県医師会館会場のみとさせていただきます。
2 例会に石川県医師会館会場で参加される会員で、第3回いしかわネット・ハートネットホスピタル
研究して参加される会員は、上述の例会参加申し込みは不要です。
会場で、例会参加者名簿にお名前などを登録ください。
【担当/連絡先】 金沢大学附属病院経営企画部 (医薬保健総合研究科医療経営学) 教授 長瀬啓介
Mail: knagase@staff.kanazawa-u.ac.jp