reikaiinfo

>

第210回東海病院管理学研究会
一般社団法人日本医療・病院管理学会 第377回 例会
後 援: 日本医療情報学会中部支部会
*医療情報技師 更新ポイント2ポイント(予定)

【認定単位の取得】

・日本医師会生涯教育制度単位(2.5時間)
・日本医業経営コンサルタント協会継続研修認定
・日本薬剤師研修センター研修認定制度
・社会医学系専門医制度K単位2単位

【日 時】

2019年7月27日(土)14:00〜16:30

【会 場】

名古屋国際センター 第1会議室
            (名古屋市中村区那古野一丁目47番1号)

【交 通】

名古屋駅から徒歩7分程度

【参加費】

日本医療・病院管理学会会員、東海病院管理学研究会会員は無料
それ以外は2000円

【申込み】

7月24日までに、東海病院管理学研究会Webページ 
からお申し込みください


【テーマ】 2040年から考える医療と介護

【司 会】

山内 一信(東員病院院長、東海病院管理学研究会会長)

 

少子高齢化の時代を迎えた現在、2040年のあるべき医療や介護の姿とはいかなるものであろうか。
医学・医療の進歩が著しい中、20年も先の将来予測をすることは困難とされる。とはいえ、あるべき
姿を考え、現状との差を検討する必要はあろう。本研究会では社会保障問題、健康寿命延伸など
様々な観点から対応と展望を述べていただくとともに、それに向けてのビッグデータ解析から医療の
あるべき姿に迫ってみたい。


T. 講演

1.2040年から考える医療と介護
伊原 和人(厚生労働省 大臣官房審議官)

 

2.ビッグデータは医療をどのように変えるのか−その先にある医療の姿を考える
岡田美保子(一般社団法人 医療データ活用基盤整備機構 理事長)

U. 総合討論

 
【担当/連絡先】 東海病院管理学研究会Webページ 
http://tokaiha.umin.jp