reikaiinfo

日本医療・病院管理学会 第365回 例会
共催:第44回日本保健医療社会学会大会メインシンポジウム
日  時 2018年5月19日(土)16:10〜18:10 
会  場

星槎道都大学2号館5階大講堂(北海道北広島市中の沢149)

参 加 無料:どなたでも参加できます(事前登録をお願いします)
事前登録 電子メール t-yamamoto@sapmed.ac.jpからの事前登録をお願いします。
メールの件名は「第365回例会参加申込」と明記してください。
@氏名(ふりがな) A所属機関名 B役職 C電子メールアドレス D電話番号 、を記載の上お申し込みください。
○ 申込み締め切り 2018年5月18日(金)

交  通

例会当日はJR北広島駅と会場をつなぐシャトルバスが運行されます。
第44回日本保健医療社会学会大会のwebにて
運行時刻をご確認ください。

アクセスマップ

 http://www.seisadohto.ac.jp/access/
(注:学生用シャトルバスは運行しません) 


テーマ ヘルスガバナンスの可能性−地域から考える保健医療の未来
司会 蘭 由岐子(追手門学院大学・社会学部・教授)
山本 武志(札幌医科大学・保健医療学部・准教授)
16:10〜16:30 ユニバーサル社会にむけて  
  川道 昌樹 (株式会社ワールドワーク・代表取締役)  

16:30〜16:50

NPO法人みんなのポラリスの取り組みについて

  水口 迅(NPO法人みんなのポラリス・代表理事)
16:50〜17:10 学生が取り組む地域活動:オレンジカフェの活動における学生・住民のシナジー効果
  上原 正希(星槎道都大学・社会福祉学部・教授)
17:10〜17:30  小児・障害者の在宅医療におけるヘルス・ガバナンス
:困難を抱える人々とともに、よりよき社会をつくる
  土畠 智幸(医療法人稲生会 生涯医療クリニックさっぽろ・理事長)

17:30〜18:10 質疑 
ご参加ください 第44回日本保健医療社会学会大会への参加をご希望されるかたは、
下記連絡先までご連絡ください(参加費有料)
【担当/連絡先】

 札幌医科大学保健医療学部看護学科  山本 武志
電話&FAX 011-688-5188,E-mail: t-yamamoto@sapmed.ac.jp


《下記認定証が利用できます》
・日本医師会生涯教育制度単位(2時間)
・日本医業経営コンサルタント協会継続研修認定
・日本薬剤師研修センター研修認定制度