reikaiinfo

>

日本医療・病院管理学会 第351回 例会

日  時

平成29年1月28日(土)14時00分〜17時00分

会  場 大阪府病院年金会館 コンベンションルーム
〒543-00074大阪市天王寺区六万体町4−11 TEL:06-6776-1600
交  通 地下鉄谷町線「四天王寺前夕陽ヶ丘」駅 徒歩3分
URL(アクセスマップ) http://www.byoin-kikin.jp/img/info/nenkinkaikan/map.gif
申込み

●事前登録は、告知フォーム「こくちーず(告知's)」から日本医療・病院管理学会第351回例会http://kokucheese.com/event/index/438691/でご登録ください。

●電子メールからの事前登録はメールの件名を 「第351回例会参加申込」
と明記して 次の項目を記載の上お申し込みください。
@氏名(ふりがな) A所属機関名 B役職 C電子メールアドレス D電話番号をご記入の上、
【担当/連絡先/】戸根まで、ご連絡ください。

●申し込み締め切り 2017年1月20日(金曜日)

参加費

無料


テーマ チーム医療における多職種連携の現状と展望 〜事務管理部門の役割〜
 医師、看護師、薬剤師はもとより医療サービスに関わるコ・メディカルスタッフおよび事務職など高い専門性を有する様々な職種のスタッフがぞれぞれの業務を分担し、患者の状況に的確に対応した医療を提供する「チーム医療」が実践されています。  
チーム医療を推進する目的は、専門職種の積極的な活用、多職種間の協働を図ることなどにより医療の質を高めるとともに、効率的な医療サービスを提供することとされています。近年、医療が高度化・複雑化するなかにあって、医療の安全の確保、多様な価値観への対応も求められています。そのようななか、チーム医療の今後の展望および事務管理部門(事務職)に求められるものは何かなどをそれぞれの職種の方々と共に検討します。多くの方々をお誘い合わせのうえご参加くださいますようご案内申し上げます。
次 第
14:00〜14:05

挨拶 戸根 経夫 先生

14:05〜14:55

T.基調講演
「ここまで来たチーム医療」 〜チーム医療の現況と将来展望〜
山中 英治 先生(社会医療法人若弘会 若草第一病院 院長)

14:55〜15:20

U.講演 「チーム医療における看護師の役割と多職種連携」
勝原 裕美子 先生(日本看護科学学会理事、日本看護管理学会理事)

14:55〜15:20

(休 憩)

15:20〜15:30

V.講演  「チーム医療におけるコ・メディカルの役割と多職種連携」
西川 直樹 先生(社会医療法人愛仁会 本部 部長:薬剤師)

15:55〜16:20

W.講演 「チーム医療における事務職の参加状況と課題」
四方 秀樹  先生(社会医療法人きっこう会 法人本部 企画統括部長)

16:20〜17:00

X. 質疑応答・総合討議

【担当/連絡先】

戸根経夫(とね けいお)E-mail : keiot@x.email.ne.jp TEL : 06-6643-6562(NPOわかくさ)


《下記認定証が利用できます》
・日本医師会生涯教育制度単位(3時間)
・日本医業経営コンサルタント協会継続研修認定
・日本薬剤師研修センター研修認定制度